人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

中古物件をリノベーションしたい方/業務案内

HUCOSリノベーションではこのような
サービスをおすすめしています

アイコン

HUCOSのリノベーションデザイン

基本性能でワンランク上のリノベーションをご提案。
既存の建物を「活かす」事が大切だと考えております。
間取りから細部のデザインまで徹底的にこだわり、我々の建物は
「理由はわからないけど、スッキリした住宅だなぁ」っと感じる
はずです。
なぜスッキリさせるか、建物の中では家具が主役になるからです。

アイコン

間取りをしくえる

その家に住むことで家族がなごやかになり、楽しく、居心地がいいと感じてもらえることが大切です。
お客さんを気軽に招きやすい家になるように設計することも大切です。
そのためにはあらかじめ生活が表に表れなくてすむような収納の工夫や、
公私のエリア分けの工夫をしておくことが大切です。
例えば、通常の玄関と家族のための私的な玄関をさりげなく分けてあげたり、寝室と水周りをうまくつないで、二つの部屋の間を裸で歩いてもプライバシーが保てるような動線を設けることも必要。ストレスを感じさせない配置をすることで、家族が穏やかな気持ちで暮らすことができるよう。

アイコン

部屋にメリハリをたせる

例えば天井の高さなどはむやみに高くすればいいというものではありません。
天井高が低くてもとても気持ちのよい空間という事を経験したことが有ると
思います。
例えば、トイレのような狭い空間で天井高が居室と同じというのは落ち着かなく、心地のよいものではありませんよね。
天井の低い空間から、2.4メートルと言ったゴク当たり前の天井高の空間に行くだけでも高く感じるのです。明暗も一緒。暗い空間から少し明るい空間へ移動した時もそう感じます。
その部屋の用途をしっかり把握し、メリハリのある空間を造ることで、家の体積が減り、光熱費の削減にもつながります。

アイコン

照明デザイン

多くの人は夕方から夜に掛けて家で過ごすことになるでしょう。
家に帰るとは、一日の疲れを癒やし、家族団欒する場所。
癒やしのお手伝いをしてくれるのが、照明なのです。

柔らかな光。
夕日のようなあかり。

想像しただけで、心が癒やされますよね。
人は自然と夕日を感じ、眠りに着くのです。
夕日を感じた後に昼白色の光が光々を輝く場所へ行くと昼夜逆転したような
とても落ち着ける場所ではありません。子供はダイレクトに影響を受けます。
読書・勉強には専用のあかりにして、落ち着ける綺麗なあかりをプロデュースします。

アイコン

室内空気環境

熱い夏。
寒い冬。
寒冷地長野では特に気になるのが冬ですよね。
室内の温度変化が大きいと、体に大きなダメージを与えます。
我々は建物全体の温度差が無くなるような暖房計画を行います。
推奨の暖房機はパネルヒーターや薪ストーブ、エアコン等
バリエーション豊かにお客様のライフスタイルに有ったモノをチョイス
します。

アイコン

自然エネルギー有効活用します

太陽の熱と自然の通風
先人たちの造る家屋には必ずと言っていいほど計算され、取り入れられてきました。
夏の日差しをカットして、冬の日差しは取り入れる。太陽の角度から庇の出を考えれば簡単に出来ます。当たり前の事を当たり前に行う事で、快適に暮らすことが出来ます。
地域の通風も季節の風を把握し、適正な窓を設けることで風通しのよい家になるのです。
その際に、植栽のレイアウトも重要となります。
南面には落葉樹を植え、夏には木陰を造り、冬には落葉し、木漏れ日が差し込む様に配置しましょう。

アイコン

家具ります

オーダーメイドの家具の良さはなんといっても、自分に最適な素材・色・形が造れること。家と、お客様にピッタリ合った家具は一生物となり、世代を越えて愛される物になります。愛着が沸き、家族とともに成長する家具。水廻りのキッチンや洗面台なども家具として制作可能です。

アイコン

メリット・デメリット公開します

お客様のライフスタイルに合った住宅を造るためにメリット・デメリットを
把握して頂き、素材を決定して行きます。
後でこんなはずじゃ無かった・・・。とならないように。
100%のものはこの世に存在しません。
傷がつきやすくても、体には優しい素材が有ったり。
スタイリッシュでカッコよい納まりだけど、メンテナンスが大変だったり。
どれが合うかは人それぞれ。
自分らいしい家を造るというテーマに沿ったご提案をして行きます。