menu

60年後も元気な住まい

お客様にいつも安全・安心で快適にお住まいいただくために、
長期的なメンテナス計画からアフタフォローまでさせていただきます。
01

長い目で住まいと
向き合うお手伝い

ライフスタイルは変化していくものです。30代から50代は子育てのための空間が必要になります。60代からは夫婦ふたりでセカンドライフをどう楽しんでいくかがポイントになります。そして80代は介護を想定に入れつつ、家族全員で住まい方を考える必要があります。

LIFESTYLE

HUCOSでは、お客様の住まい一軒ごとに建物の情報や修復履歴をデータ管理しています。そこから補修の適正時期を割り出し、メンテナンスのご提案もしています。

たとえば、水まわりなどの設備機器は、およそ15~20年で交換時期がきます。60年住み続けるとすると、2回は交換が必要です。外壁や屋根は、雨漏りからの腐食という深刻な状況にならないためにも、定期的なメンテナンスが必要です。

家は建ててから10年、30年、60年と長い年月のなかでさまざまに変化していきます。家を建てたら関係が終わりではありません。家族の安心を守るために、私たちはお客様をしっかりサポートさせていただきます。

02

建てた後のサポートと
暮らし方をご提案

家を建てたら必ずメンテナンスが必要です。車と同様、放ったらかしでは傷むばかりです。こまめに手入れすることで家は長持ちし、愛着が湧くものです。大切な家を守るのは、ほかならぬお客様です。この意識がとても重要です。とはいえ、お客様がすべてのメンテナンスをできるわけがありません。そこでHUCOSでは各種アフターメンテナンスを行っています。

MAINTENANCE

引き渡し後
1年以内のお客様

引き渡し後3ヶ月、6ヶ月、1年の3回、訪問させていただきます。調子の悪いところがあれば補修やメンテナンスのアドバイスを行います。また各種機器の使用に不安がある場合は再度ご説明いたします。

3
ヶ月
引き渡し後1回目の点検。時間経過によりどうしても生じてくる不具合に対して点検と調整を行います。基本的には無料ですが、取り扱いミスや故意事項は対象外となります。
6
ヶ月
住んでから半年。木は水分を吸ったり出したりして伸縮するため、壁紙に割れやシワが出てしまうことが稀にあります。このような不具合と経過状況の確認を合わせて行います。
1
雨や雪、暑さや寒さ、さまざまな環境に1年を通して住まいも人も対応してきました。そのなかでの不具合を点検し、その後の安心できる暮らしのために補修、調整を行います。1年を暮らしてみての感想や相談ごともお聞かせください。

引き渡し後
1年以上のお客様

毎月5月がアフターメンテナンス月間です。ご依頼いただければ無償で点検し、メンテナンスの必要なところはないか、プロの目線でチェックします。

4
毎年すべてのお客様に「お住まい定期点検サービスのご案内」をお送りします。点検を希望される方は申込書をご返送いただきます。
5
ご希望の日に無償で点検にうかがいます。

家に関して緊急を要することがあるかもしれません。営業時間外でもご安心ください。
電話は転送されて、必ず社員の携帯につながります。

026-278-2976
03

お客様とその後も
長いおつきあいを

HUCOSでは、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。お客様の代替わりがあったり、あるいは当方の担当者が退職したり、連絡が取りづらくなることがあるかもしれません。そこで年に4回ほど全社員でお客様を訪問し、御用聞きをしています。お客様とのパイプを太く長く保ち、お願いしてもらいやすい関係づくりを心がけています。

EXCHANGE MEETING

  • お客様との親睦を深めるため年に数回トレッキングやバーベキューを行なっている

  • 毎夏、お客様やお世話になった方とふれあうイベントを開催している