人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

社員旅行の沖縄(石垣島)より帰り通常業務に戻りました。

石垣島は23℃前後という日が続き半袖で丁度良く、寒い長野とはまるで正反対でした

天候も雨雲が漂う不安定な日が続きましたが、幸い雨に困る事無く大事な時には快晴が訪れて良かったです。

特別、建築も学ぶと言う事は今回無かったのですが生活その物がその地に合った暮らしをしていて

とても良い勉強になりました。

 

・その土地の材料を使い、活かした建物

・暑く、台風も多い風土、沖縄ならではの工夫

地産地消、その場所に適した住まい造り(創意工夫のアイデアもたくさん)

建築の原点を改めて感じたような気がします。

 

石垣島ならではの食材もとても美味しく、旅行自体もとても楽しくスタッフとの良い想い出になりました☆

 

「 また一年頑張ろう!! 」 そう心に誓い

パワーアップしたHUCOSになれる様、スタッフ一同頑張ります♪

 

*スキューバーダイビングは感動的ではまりそうです★

齋藤 公貴

 

 

 

2019
02
09

冬の乾燥対策

冬も終盤になってまいりましたが、今日からまた寒波が到来!
この時期になると乾燥についてよくお問いわせ頂きますので、わかりやすい記事がありましたのでそのまま引用させて頂きました。
ご参考にしてみてください。
冬の乾燥対策
日本の冬は特に乾燥しますよね。外の湿度は50%前後なのでそんなに乾燥しているように思えませんが、室内に入ると急に乾燥していると感じてしまいます。外の湿度は50%もあるのに室内の湿度は20%なんてことはよくあることなんです。
大事なのは空気に含まれている水分の量です
日常で湿度というと相対湿度のことを指します。例えば、気温が5℃くらいの冬の屋外では、湿度は50%くらいあるので乾燥しているようにはみえません。ところが、この空気1kg中に含まれる水分量は2.7gしかありませんので実際はとても乾燥しています。さらにこの空気を20度まで暖めると快適な温度になりますが、水分量は変わらないので、湿度は18%ということになってしまいます。これではお肌もノドも乾燥してしまいますね。
乾燥を防ぐためには加湿が必要です
冬の乾燥を防ぐには、加湿器や観葉植物が必要です。例えば20畳のリビングを湿度50%にしようとすれば、1時間に1リットル以上の加湿能力のある加湿器が必要になります。
また、観葉植物を置くことで室内の乾燥状況がわかりますので、加湿器と合わせて設置するといいでしょう。乾燥しているからといって植物に水をやりすぎると根腐れを起こしますので、ご注意ください。
加湿器で1時間に1リットルとなると、スチーム式の加湿器がベストですが、消費電力1000Wとなり、電気代が・・・・・・・
やはり、ここはアナログで観葉植物や洗濯物などでカバーするのが一番良さそうです。
我が家では薪ストーブの上に鍋を置き、加湿しておりますが室内気温20℃前後で湿度34%前後
40%を超える湿度を得るということは、かなり高いハードルですね。
斉藤洋一

お引渡しから約3ヶ月、「大屋根の家」にお住まいのお客様から暮らしてみての声を

いただきましたので是非ご参考にして下さい。

 

「住み心地・お気に入りの点」

パネルヒーター+高断熱・高気密住宅のおかげで、今までのアパート生活と比較すると

寒くて不便していた玄関・トイレ・脱衣場など家中が24時間とても暖かく快適になり

家族全員大満足しています。

 

「住宅造りをした経験からの声 *反省・アドバイス偏

コンセントの取り付け位置はよく見直しておいた方が良いかと思います。

①TV台の下にも、もう少し付けても良かったかな?

②玄関周りにもコンセントを付けた方が良かった。。

 

「HUCOSからの提案アドバイス」

①タップなどを使いすっきりさせた方が全体を考慮した時には良いかと思います。

②必要に応じ延長コードの使用をオススメします。

 

 

「補足説明」

コンセントを付けるには壁に穴を開けます。その際に気密処理はしますが、多少は性能が低下し、見た目もコンセントだらけになり印象も良くありません・・

そこでHUCOSではタップを上手に使う事をオススメしています。

特にTV廻りは将来想定外の電気機器が増える場所、そんな時でもとても便利ですっきりして管理も楽になります♪

 

また、玄関周りのコンセントは一般的に使用頻度も少なく、設置工事費も踏まえ考えると

延長コードなどでの対応が良いかと考えます。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

また、成人を迎える皆様、ご家族様、誠におめでとうございます!

一月ももう半ばになってしまい、更新が遅れました。。。

 

現場もお正月休みが明け、動きだし春先の完成に向けて着々と進んでおります。

それぞれ特徴的で、お客様の個性あふれるHUCOSカラーが出ている住宅になっています。

また、完成内覧会も計画しておりますので楽しみにしていてください!

 

さて、お正月休みは長い休みをいただいて、子供たちとたくさん遊びました。

といっても、5歳と2歳児の遊びにはネタもだんだん尽きてきて。。。笑

よく善光寺界隈に散歩をしに行きました。

道中にはヤギがいたり、こじんまりしたカフェがあったり、子供だけではなく私も一緒になって楽しみましたよ♡

 

この界隈には昔からの古民家や蔵がたくさんあり、それを生かしてリノベーションされたカフェやお店が年々増えてきました。先人から受け継いだものを大切に今につなげていく。素敵なことだと思います!また、こういう空間にいると不思議と落ち着くんですよね。。。

今年は素敵なお店の発見も楽しみたいと思います。

 

そして、来週末にはリノベーションイベント!

詳細はこちらからご覧ください!!

HUCOSではリノベーションもたくさん手掛けておりますので、興味のある方はぜひお出かけくださいね。リノベーションてなんだろう?寒くないのかな?耐震は?疑問にお答えします。リノベーションされた空間での生活、とても豊かなものだと思います。ぜひ体感しにきてください!

 

成人式の振袖を着たのをとっても懐かしく思うスタッフ小野でした!

 

2018
12
31

年の瀬

本年も今日で終わり

今年は例年以上の多くのお住まいに携わることが出来、とても充実した一年でした

お客様、協力業者の皆様、そして、スタッフ皆さんに感謝しております。

「ありがとうございました。」

来年もどうぞよろしくお願い致します。

代表 斉藤洋一

皆様こんにちは、今年もあとわずか、暮れの時期になりました。

昨晩は一年お世話になった協力業者さんもお呼びした忘年会でした

色々なお住まいがありましたが、一つ一つの職人さんの作業に感謝したいです。

今後も切磋琢磨しより良い住宅を追及していきます。

 

HUCOSでは昨年より、現場定期検査を社員全員で行う取組みをしております。

目的は、複数チェックにより見落としを防ぐ事、そして現場環境、住宅についてそれぞれ意見し

品質のより高い内容を求めていく事です。それぞれの考え、感性を取り入れて行きたいです。

 

 

 

スタッフの協力も有り、会社目標数値も達成出来

そのお礼と慰安、スタッフとの想い出作り★また異文化・街並みを巡る目的で年明けに沖縄石垣島に今年は社員旅行として行く予定です。 こちらも研修も兼ね様々な経験値を吸収したいです!♪

 

2019年最初のイベントとして『リノベーションの見学・体感会』も計画しております。

空き家問題と、リノベーションならではの魅力を知っていただきリノベーションに興味をお持ちのお客様に

是非ご検討していただきたいと思います。

 

忙しい時期、寒い季節、体調には十分お気をつけ下さいませ。

 

齋藤 公貴

 

2018
12
03

祝上棟

日が短くなり、夕方あっという間に暗くなる時期になりました。

その日が短くなるのと困るのが建前の日です。

先日、須坂で建前がありました。当日の日の入りは午後4時40分ということもあり、夏に比べて早めに養生まで終えて上棟式まで行いました。

 

建前の日はクレーンを使い、柱や梁などの構造材を主に吊り込みますが、ただいま須坂で着工している2つの物件では、クレーンでいろいろな物を吊り込みました。

 

枝付き丸太(ヒノキ)

ピーエスのパネルヒーター

鉄骨の階段

2つの物件とも来年の3月に内覧会の予定です。

吊り込んだ物の他にも吹き抜けにネットを張ったり、ボルダリングの壁があり、見ごたえのある物件ですので、楽しみにお待ち下さい。

 

中澤政文

みなさん、お疲れ様です!

ホームページで告知しているオープンハウスがもう少し完成します。

昨日、お施主様と社員で床塗り&ダイニングテーブルを設置しました。

内部は完成しました。あとは外構工事を残すのみとなりまいた!

シンプルで開放的な住宅ですが、ところどころ 『おっ』 と言わせる家ができました!

お気軽にオープンハウスへご来場下さい。お待ちしております!

長岡 竜海

秋晴れの空の色。紅葉した木々。心地よい日が続いてますね。

 

中秋の名月は過ぎてしまいましたが、先週の満月がとてもきれいだったので思わず写真を撮ってしまいました。少しずつ冬に近づいていますが、冬の澄んだ空に見る星も楽しみですよね。

 

さて、HUCOSでは新築住宅が続々と上棟を迎え、工事も進んでおりますが、メンテナンスやリフォーム、外構工事なども承っています。

 

先日ベランダに屋根をつけたいという依頼をいただきましたOBのお客様。

 

レッドシダーの板貼りがとても印象的な外観の住宅です。

 

約5年の時を経て、板もいい色に変わってきていました。

木の印象を損なわないように、そこにかける屋根が既製品のものではもったいない、同じレッドシダーで作りましょうと決まりました。

そして、できたのがこちら。うん、やっぱり木にしてよかった!

 

 

レッドシダーは経年における表情の変化を楽しむために外部で使う際にはあえて塗膜を塗らないことをおすすめしています。

お客様も洗濯物を干すだけではなく、癒しの場所として使いたいとおっしゃっていました。下のウッドデッキにも吊椅子をつける予定だそうです。似合うだろうなぁ...♡

 

そして工事中、お庭にある蔓や実を使ってリースの作り方を教えてもらい、作ってみましたー。

 

秋ならではの実がかわいい!

 

ドライになるにつれて色も黄味が輝いてきてます。

季節の楽しみ方を暮らしに自然にとりいれる素敵なご家族でした。

私も頑張ろう...と思うスタッフ小野でした!

 

 

毎週月曜日は全社員で事務所内の清掃を行います。

その時たまたま目にした冷蔵庫の年式

1995年製

20年以上動いてます。

流石です。

今でも現役バリバリに働いております。

そこで、気になったのが「冷蔵庫の消費電力」

「壊れるまで使う・買い換える」どちらの選択が良いのか。

そこで、検索してみると、環境省の面白いサイトを発見!

最新の冷蔵庫との比較が出来ます。私共の事務所の冷蔵庫でトライ!

 

 

これを見て、買い換えたほうが良いのか、使い続けたほうが良いのか判断出来ます。

みなさんも試してみてください。

 

↓サイトはコチラ

しんきゅうさん

 

 

斉藤洋一