人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

ココ最近雨が続き、気分もパッとしませんが、いかがお過ごしでしょうか。

こんな天気の時には雨に合うような曲を聞きながら、過ごすと良いですよね。

Aaron Neville – Some Days Are Made For Rain

 

ホッコリ出来ましたでしょうか。

気分にあった選曲をすることで、曲の持つ力も倍増するとおもいます。

 

さて、表題の通り、長野市中越2丁目にてリノベーション工事がスタートいたしました。

今回の計画は1階鉄骨造、2階木造の建物の2階部分を住居・1階部分を店舗(元々そうでしたが)として工事をします。

メインは2階の改修という事になりますが、1階部分も玄関などを新たに設けたり致します。

さて、どんな住まいになるか、お楽しみにして下さい〜

 

IMG_6555

 

丁寧に既存の石膏ボードを剥ぎます

 

 

IMG_6557

 

2階は殆どの解体が終わり、構造のチェックをしました

想像していた通り、既存の図面とは筋交いの位置や柱の位置が違っておりましたので、現状に合わせるようにして、多少、間取りを変えなくてはなりませんでした。

 

 

 

私は高校の頃からビンテージ物が好き(古着)で今でもたまに古着屋さんに顔を出します。

当然、小物や食器なども好きなわけで、先日は70年代の照明をGET

アンティークは一点もので自分らしい個性が出せるところが好きです。

IMG_6430

 

我が土蔵に吊ってみました〜

真鍮のチェーンにガラスのセードカバーで、光と影が壁面に映し出されとても綺麗です。

 

IMG_6431

 

寄って撮ってみました。

 

 

長野市でアンティークの買える雑貨屋さんは何件か有ると思いますが、私がよく顔をだすお店

ROOMS

我が社から歩いて行かれる松代のお店です

こちらでは食器や衣類をよく購入します

カナダより直接買付でヨーロッパのアンティークです

一陽館という松代温泉の中でも一番古い温泉の中にひっそりとあります。

 

Alter Chili’s

東和田にある、美容院と併用のお店

今回の照明器具もこちらで購入

こちらはアメリカのビンテージ、ミリタリー物も充実

 

あとは、リサイクルショップや骨董品屋さん等たまに顔を出します(最近は行ってない)

アメリカ・ヨーロッパ・日本と私の場合は混在してますが、時代感が合えば良しとしております。

ポイントでアンティークを使うもよし、全体をアンティークでまとめるもよし!

一点ものには他の人が持てないという優越感に浸れますよ〜w

 

 

斉藤洋一

こんにちは!

梅雨らしく雨が降ったり止んだりのお天気ですが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は玄関引戸のお話をさせて頂きます。

最近では玄関はドアが主流で玄関引戸は殆ど施工しなくなりました。

しかし、和風住宅を建築するときにはやはり引戸ののほうがいいな〜っと感じます。

しかし、引戸は気密も弱く、断熱性能もドアと比べると劣るため、和風住宅でもドアを採用してきました。

 

が、、、、、

 

性能もよく、デザインも良い玄関引戸を見つけ、取付けて見ましたので、レポートします!

まずはそのフォルムをご覧ください。

IMG_6369

 

木製の片引戸

横桟を採用し、スッキリとした印象

色は塗料からお選び頂けます

今回はキシラデコールのオリーブを塗装しました。

 

IMG_6370

 

この引手からレールが性能を出すための要の部材

ドイツ生まれの「ヘーベーシーベ」

スライドする際には上の写真からこちらの写真の用にグルンっとこのバーを回転します。

 

するとっ!

 

222

 

左の絵のように障子がリフトアップします!

また、引手を下にすると、リフトダウン!

この機構により、気密もしっかり取れ、重い障子もスムーズにスライドしてくれます。

恐るべし、ヘーベーシーベ!!

ただ、お値段はそこそこしますので、お使いの際にはそれなりの気構えが必要です。

実際にご覧頂きたい場合は長野市松代町で新築工事中の現場をご案内致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

これから、リノベーション現場が2件着工します。

今からワクワクですw

 

では、夏まであと少しですが、暑い季節になる前に体力つけて乗り切りましょう!!!

 

 

斉藤 洋一

DSC_0049

 

 

上田市にて行われておりましたリノベ現場の完成施工事例をアップ致しました。

こちらより御覧ください。

 

尚、長野市吉田の新築・千曲市の新築現場の施工事例も随時アップしてまいりたいと思います。

今しばらくお待ちください。

 

斉藤洋一

 

【リノベーション物件完成現場内覧会】

日程 5月30日(土)・31日(日) 10:00~16:00

場所 上田市下之郷

※完全予約制となります。お電話またはメールにてご連絡ください。

予約受付・・・0267-278-2976/ youichi@hucos.com

 

いよいよ明日になりました!

まだまだ予約受け付け中です!

 

昨日は社員全員出動で無垢フローリングにキヌカオイル塗り。

お客様にお渡しする前の最後の大仕事。

みんなで大事に塗り込みます。

DSC_0116

DSC_0115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お施主様のご家族にもお手伝いいただきキレイな床が完成です。

 

作業前

DSC_0117

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業後

DSC_0118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今回初めての作業でしたが自然素材のオイルは匂いもなく、

直接触ってもベタつきも少なく、無垢の木に自然に馴染む仕上がりに感動しました。

ぜひ目で見て、触れて体験していただきたいです!!

 

今週末の見学会お待ちしております。

こんにちは、斉藤です。

本日、省エネ住宅ポイントの説明会に参加してまいりました。

以前までのエコポイントと大きく違う点がのみ抜粋してご説明させて頂きます。

対象期間

H26.12.27以降の契約物件

着工・着手期間

H26.12.27〜H28.3.31

工事の完了時期

H27.2に予定の予算成立以降

に決定しました。

申請につきましては、新築と1000万円以上のリフォームの場合は工事完了前でもOKですが、それ以外は工事完了後になります。

3月上旬より、ポイント発行申請がスタートとなりそうです。

 

簡単に説明しますと

新築・1000万円を超えるリノベーション(リフォーム)・1,000万円以下のリフォームのいずれにしても

契約はいつでもOK → 完成を2月中旬位以降 → 3月上旬に申請

という事になります。

 

しかし

 

国の予算に達した場合は打ち切りとなりますので、省エネ住宅ポイントを利用をお考えの方は、お早目に動かれる事をお勧めします。

 

対象工事・詳細はエコポイントクリック!

 

 

 

2015
01
03

謹賀新年★

2015年始まりました。

本年も「新築」「リノベーション」「改修」等など建築に関わる事全てに全力で取り組んでいきます。

112

3月には長野市・千曲市の新築工事の内覧会を開催予定です。

また、5月位には上田市のリノベーション現場の内覧会も予定しております。

松代では春から着工予定の現場が複数ございますので、展示出来ればと思います。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます

 

斉藤 洋一

 

私は良く建替え前の家にあったモノや

古い民家の解体現場ででたモノを新築・リノベで使います。

どんなものでも使うという訳ではないですが、

自分なりにデザインや素材感が気に入ったものを使います。

エコだけを意識している訳では無く、空間にアクセントを与えたいというのが一番の理由です。

また、古いものは現在よりも良いもの(手作りであったり、素材が良かったり)が多いです。

そんなことも有り、使います。

世の中にはそんな古いモノをアートにする方も居ます。

自分の好きなアーティストは

HAROSHI

スケートボードの廃材を使って作成しているアーティストです

haroshi_040

 

 

 

 

 

 

次に好きなアーティスト

PIET HEIN EEK

古い板や建具を利用して家具や建築を造っています。

piet-hein-eek-algemeen

この2人のセンスには脱帽ですね!

古いものをそのまま使うとかではなく、自分なりのエッセンスを加えて建築に活かしたいものですね〜

斉藤洋一

今日は少しインテリアに対する私の考えをお話ししたいと思います。

あくまでも、私の考えです。

建物を構成する素材や色・部材は何千?何万?というパーツから出来ていますよね〜

当たり前ですが。。

そのうち、家の表面に出てくるインテリアと呼ばれる部分にも沢山の部材が出てきます。

例えば

建具・壁・天井・照明・エアコン・カーテン・スイッチ・コンセント

この辺りはみなさん良く気にかける部分ですよね。

もっと細かく掘り下げてみます。

サッシのクレセント(鍵になる部分)建具の取手・幅木・廻り縁・サッシの枠・換気扇

などなど。

目に見える部材は本当に多いのです。

では、どの様にコーディネートするのか。

私の場合、素材を極力統一する。

部材を極力少なくする。

極力高さをそろえる。

等々。

点や面・色・線など減らす事に力を入れます。

ただし、例外もあります。

あえて、崩すとか。。全てがシンメトリーだと気持ちが悪くなりますので。

でも、シンプルになるように考えてゆきます。

 

何故?

 

それは、建築の空間は料理で言うならばお皿と捉えているからです。

食材やソースを輝かせて見せる脇役のお皿。

そのチョイスによっては、食材の魅力も半減しますよね?

家には家具やラグ、絵や小物色々な色が入り、彩りを増していきます。

その食材達を邪魔するようなお皿ではイカンと思うのです。

また、外に出てみると、敷地がお皿になります。

建物はメインのお肉かお魚と言ったところでしょうか。

彩りを添える野菜達の代わりをするのが、植栽であり、塀であり、車もそうでしょう。

と常々思い、仕事をしているというお話しでしたw

 

 

斉藤洋一

 

暖房でよく設置してますPS社のパネルヒーターですが、実は冷房も出来るんです。

過去に新築のお宅に納めさせて頂いた事がございますが、お引渡が冬でしたので、体感出来ませんでした。

そこで、この暑い時期に体感せねば!っと思いつき、体感してきましたよ〜

 

まずは、写真をご覧ください

IMG_7207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、普通のパネルヒーターの様に見えますが、、、、、

よーーーーく見ると。。。。

IMG_3114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汗かいてます。

コレは、何かと言いますと、結露した水。

10°前後の冷水を循環していますので、結露を起こします。

湿った空気がパネルに触れて、結露を起こすのです。

そう、真夏のグラスと同じ現象ですね。

これで、部屋の湿度が下がります。

風も出ない魔法のような冷房機ですね〜

体感した感じでは、洞窟に居るような涼しさでした。

我が家にも欲しい。。って速攻で思いましたw

結露した水は大丈夫?ってよく聞かれます。

もちろん、大丈夫!

IMG_7513

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パネルの下にある受け皿に落ちて、排水されます。

室内温度は27°くらいでしたが、本当に涼しくて、気持ちの良い洞窟でしたw

本当にお勧めですよ〜

是非ご体感下さい!

ご連絡頂ければ、いつでも体感できますよ〜

 

斉藤洋一