人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

12121212こんにちわ。

最近は秋も深まり、朝晩寒くなってまいりました。寒暖の差で風邪をひいている人もチラホラ。

そんな私も少し風邪気味な斉藤です。

 

さて、先日国土交通省より面白いチラシを頂きました。

不動産の取引価格がネットで見れるというものです。

通常路線価や固定資産税の評価などを元に、売買価格の判断をするのですが、ネットで気軽に拝見できる優れた制度だと思い記事にさせてもらいました。

 

お探しの場所の取引価格はおよそいくらくらいなのか、目安にして土地探しを進めてみてはいかがでしょうか

 

斉藤 洋一

2015
09
27

original 家具*

朝のひんやりした空気。

からっと晴れた空に吹く風が少し冷たく、秋の訪れを感じます。

急に涼しくなりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?

 

私は・・・元気です!!☺♪♫

滅多に風邪をひかない、体が丈夫なことだけが自慢のスタッフ半田です。

こんにちは。

 

9月も終わりに近づいた昨日、

長野市内でリノベーション中だった現場のお引き渡しがありました。

ご立派な純和風建築の建物の1階部分のリノベーション。

 

全貌はまた後日・・・

 

今回は私がこちらの現場で設計デザインを担当させていただきました造作家具のご紹介です。

リビングの壁一面を使ったTVボードの計画。

 

 

IMG_20150926_162501
IMG_20150926_161738

IMG_20150926_161626

 

 

壁面タイルの水平な印象と揃った、

家具本体の『かたち』と積層合板の小口から見える『ボーダーline』。

職人さんの仕事も素晴らしく、予想以上の出来栄えに自画自賛。笑

 

でも何よりお施主様に喜んでいただけたのが1番うれしいです。

 

ソファ・テーブルなど大きな家具から、クッション・スリッパなど小さなファブリックまで、お部屋の印象を決める重要な存在。

サイズや色など細かな違いがお部屋の印象をガラリと変えるのです。

やっぱり家具まで合わせての空間演出がおすすめ!!

 

収納家具だけでなく、テーブル、椅子、ソファ、キッチンなど!

自分の家にぴったりの形にデザインすることができます。

ご希望であれば食器や飾る絵などインテリア雑貨の演出までお受けしますよ!笑

一緒に楽しい家づくりをしましょう!

 

雨が降ったり止んだり・・・

台風の影響でどんより天気の長野。

梅雨明けは一体いつなんでしょう?

 

雨が苦手な雨女の半田です。こんにちは(o´ `o)

 

 

もうすぐ完成お引き渡しになる新築現場の見学に行ってまいりました!

松代町の歴史を感じさせる立地に合わせた和風の外観と

勾配天井で広々としたリビングに薪ストーブが印象的なおうちです。

 

薪ストーブの隣にはTV台を造作。

・・・その一角に穴。

何を入れるためのスペースでしょう。

 

 

 

IMG_20150716_151356

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は薪ストーブに使う薪の室内置き場。

 

薪ストーブは飾りじゃありません。

実生活を想像し、暮らしを考えたご提案をするのが私達の仕事です。

 

 

今年の冬、

この薪ストーブに温かい火が灯るのが楽しみです*

 

 

 

 

 

私は高校の頃からビンテージ物が好き(古着)で今でもたまに古着屋さんに顔を出します。

当然、小物や食器なども好きなわけで、先日は70年代の照明をGET

アンティークは一点もので自分らしい個性が出せるところが好きです。

IMG_6430

 

我が土蔵に吊ってみました〜

真鍮のチェーンにガラスのセードカバーで、光と影が壁面に映し出されとても綺麗です。

 

IMG_6431

 

寄って撮ってみました。

 

 

長野市でアンティークの買える雑貨屋さんは何件か有ると思いますが、私がよく顔をだすお店

ROOMS

我が社から歩いて行かれる松代のお店です

こちらでは食器や衣類をよく購入します

カナダより直接買付でヨーロッパのアンティークです

一陽館という松代温泉の中でも一番古い温泉の中にひっそりとあります。

 

Alter Chili’s

東和田にある、美容院と併用のお店

今回の照明器具もこちらで購入

こちらはアメリカのビンテージ、ミリタリー物も充実

 

あとは、リサイクルショップや骨董品屋さん等たまに顔を出します(最近は行ってない)

アメリカ・ヨーロッパ・日本と私の場合は混在してますが、時代感が合えば良しとしております。

ポイントでアンティークを使うもよし、全体をアンティークでまとめるもよし!

一点ものには他の人が持てないという優越感に浸れますよ〜w

 

 

斉藤洋一

こんにちは!

梅雨らしく雨が降ったり止んだりのお天気ですが、いかがお過ごしでしょうか。

本日は玄関引戸のお話をさせて頂きます。

最近では玄関はドアが主流で玄関引戸は殆ど施工しなくなりました。

しかし、和風住宅を建築するときにはやはり引戸ののほうがいいな〜っと感じます。

しかし、引戸は気密も弱く、断熱性能もドアと比べると劣るため、和風住宅でもドアを採用してきました。

 

が、、、、、

 

性能もよく、デザインも良い玄関引戸を見つけ、取付けて見ましたので、レポートします!

まずはそのフォルムをご覧ください。

IMG_6369

 

木製の片引戸

横桟を採用し、スッキリとした印象

色は塗料からお選び頂けます

今回はキシラデコールのオリーブを塗装しました。

 

IMG_6370

 

この引手からレールが性能を出すための要の部材

ドイツ生まれの「ヘーベーシーベ」

スライドする際には上の写真からこちらの写真の用にグルンっとこのバーを回転します。

 

するとっ!

 

222

 

左の絵のように障子がリフトアップします!

また、引手を下にすると、リフトダウン!

この機構により、気密もしっかり取れ、重い障子もスムーズにスライドしてくれます。

恐るべし、ヘーベーシーベ!!

ただ、お値段はそこそこしますので、お使いの際にはそれなりの気構えが必要です。

実際にご覧頂きたい場合は長野市松代町で新築工事中の現場をご案内致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

これから、リノベーション現場が2件着工します。

今からワクワクですw

 

では、夏まであと少しですが、暑い季節になる前に体力つけて乗り切りましょう!!!

 

 

斉藤 洋一

長野市松代町にて新築住宅の上棟が行われました。

リノベーションと違い、一から造る為、上棟という柱を建てる日を設け式を行います。

おめでたい日という事ですw

棟上げ途中に羽子板ボルト部分の断熱施工をしますので、その風景をパシャリ

羽子板ボルトとは、梁桁を連結するボルトですが、何故断熱をするのか。

 

まず、この写真を御覧ください

1221

 

 

赤い部分には外壁

青い部分は室内となる訳です。

赤い部分から、ボルト(金属)を通じて熱が伝わり、青い部分の室内に。

青い部分のボルトは天井裏に隠れる訳ですが、冬の冷たい熱が室内に伝わるとどうなるでしょう。。

そうです、結露を起こします。金属が結露を起こすと。。。。錆びます。

と、ならないように、赤い部分に断熱を施します。(意外とやられていない会社が多いそうです)

天井裏なので、そこまで暖気がは無いですが、念のためというやつです。

 

IMG_6103

 

 

こうしてボルト穴にウレタン(カートリッジ)をプシューっと

 

 

 

IMG_6104

 

 

泡が膨らみ、完成!

ちょっとした事ですが、意外と大切なことだと思いませんか?

HUCOSは徹底的に外部の熱の侵入を防ぎます。

 

 

 

話題は変わります。

現在、新築2件とリノベーションが1件同時に進行しております。

また、有難いことに数多くのお問合せやご計画を進めている物件がございます。

最低限のスタッフで無理なく進めるために、少々お時間を頂いております事をお詫び申し上げます。

新しいスタッフも増え、順番に対応させて頂いておりますので、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

 

また、ここ最近の完成現場の写真もアップする予定ですが、今しばらくお待ちください。

 

 

斉藤 洋一

 

 

ko

本イベントは終了いたしました、ご来場いただきました皆様方有難うございました。

本イベントは終了いたしました、ご来場いただきました皆様方有難うございました。

qw

本イベントは終了いたしました、ご来場いただきました皆様方有難うございました。ゼロエネ住宅は快適でした!!!

 

こんにちは、上田市で行っております、リノベーション現場の状況をご報告致します。

まずは写真をご覧ください。

 

IMG_5711

 

一階部分は基礎工事が終わり、土台を並べる作業中でした。

赤く囲った基礎が、今回造った基礎になります。

今までの基礎はその裏になり、見えなくなっております。

柱を見て頂ければ、手前に基礎が造られていることがわかると思います。

この土台から、柱を建てて行き、断熱もそこに施工します。

土壁をそのまま残しているので、新築で言えば、外張り断熱のような感じでしょうか。

 

IMG_5720

 

当然、新しく外側に造った基礎にも床下の通気が取れるように穴を開けてあります。

 

 

IMG_5719

 

内部は床を全て剥ぎ、防湿の為に防湿シートを敷き、コンクリートを打ちます。

幸いにも、既存の床下はカラカラに乾いており、土台やその他木部はシロアリの被害も無く、腐れも無かったので、良好な環境だったといえると思います。

 

 

IMG_5716

 

二階部分です。

二階は基礎工事を逃げて先行して大工さんの工事が進んでおりました。

既存の壁よりもだいぶ付加されてサッシが付いているのが分かります。

既存の敷居が見えますので、どの位付加されているのか分かりますね。

サッシは千曲市の新築と同様で、発売されたばかりのLIXILさんのエルスターX

 

IMG_5717

 

敷居の外に断熱材が有ることが分かります。

手前に見えるのは、土壁です。

土壁の熱容量が室内の熱を蓄え、放熱する事に期待します。外からの熱がシャットダウン。

快適な暮らしが送れると思います。

 

 

IMG_5714断熱の外側に3mのタイベックを貼り、継ぎ目なく貼って有ります。

あとは、外壁の下地の施工を待つばかりです。

 

 

 

ぜひ、構造現場を見に来て下さい。ご予約制ですが、いつでも見学出来ます。

完成してからでは隠れてしまう、大切なことが沢山有ります。実際に目で確かめましょう!

 

斉藤洋一

こんにちは、斉藤です。

本日、省エネ住宅ポイントの説明会に参加してまいりました。

以前までのエコポイントと大きく違う点がのみ抜粋してご説明させて頂きます。

対象期間

H26.12.27以降の契約物件

着工・着手期間

H26.12.27〜H28.3.31

工事の完了時期

H27.2に予定の予算成立以降

に決定しました。

申請につきましては、新築と1000万円以上のリフォームの場合は工事完了前でもOKですが、それ以外は工事完了後になります。

3月上旬より、ポイント発行申請がスタートとなりそうです。

 

簡単に説明しますと

新築・1000万円を超えるリノベーション(リフォーム)・1,000万円以下のリフォームのいずれにしても

契約はいつでもOK → 完成を2月中旬位以降 → 3月上旬に申請

という事になります。

 

しかし

 

国の予算に達した場合は打ち切りとなりますので、省エネ住宅ポイントを利用をお考えの方は、お早目に動かれる事をお勧めします。

 

対象工事・詳細はエコポイントクリック!