人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

一日目の北海道はPSさんの工場見学の後、北海道の美味しい料理を堪能w

次の日に響かない様にお酒は程々に・・・・

さて、2日目のスタートです。

2日目の最初に向かったのは「LEAF to Home HOKKAIDO

topph

 

日中使われる電気は自動車のリーフに貯めた電気を使い生活するという発想。

充電無しで2日分の電気をリーフに貯めておけるので、災害時などの避難所としても活躍

IMG_7300

 

IMG_7301

 

IMG_7304

 

細部の納まりもとてもキレイでとても参考になりました。

そして、北海道ならでは?!長野でも使える窓の冷気をシャットアウトする工夫

それがこちら

IMG_7302

 

床にヒーターを入れ、冷気が入る隙間とその手前がヒーターの空間

板によって仕切り、冷気を確実にこの隙間に落とし込み、空気を温めるという方法

これによって、北海道でも大きな掃き出しの窓を採用できるとか。

いやー、工夫ですね。長野でも有ると無しとでは、室内の環境が大きく変わりそうです。

勉強になりました。

 

その後

LEAF to Home HOKKAIDOの運営会社でもある「S・建築製作所株式会社」さんの施工中の現場を見学させて頂きました。

社長さんの自宅兼事務所で尚且つ2世帯住宅ということで複雑な住まい環境ですがとてもまとまった住宅でした。

デザインもよく、遊び心が溢れる素敵な家です。

DSCN4480

工事中ということもあり、エントランス前での集合写真をw

IMG_7307

 

午後の見学現場に行く前に北海道のスープカレーを頂きました。

ラマイ」というお店に連れて行って頂いたのですが、とても美味しくてついつい食べ過ぎてしまいました。。(夜までお腹がいっぱいでした)

人気のお店なので、並ぶとは思いますが、北海道に行ってスープカレーという人は本当にお勧めです!

ただし、ボリュームが多いのでライスは少ないので十分かと思いますw

 

お腹がパンパンの我々は最後の現場へ向かいます。

個人のお宅なので控えめにご紹介致しますがこれがまた、とても良い住宅でした。

間取りのサイズ感・レイアウトデザイン・インテリアに到るところまで私好み!

ブロック造の2階建ての建物に増築して(上に)4階建てにしたという、長野ではあまり実例が無いのではないでしょうか。

築後10年以上経つ住宅でもとても味わいが増していい感じでした。

IMG_7308

リビングにあるこの薪ストーブで温水を造り、PSの中を循環させます(他にも熱源はありますが)
薪ストーブの熱を無駄なく使うデザインです。

IMG_7309

 

造作のキッチンもすっきりしていてとても良かったです。

造作ならではのレイアウトでした。我々も造作のキッチン造りますので、ご用命くださいw

IMG_7310

 

ダイニングにとてもミニマムな螺旋階段があり、増築の階数では2階(実際には4階)へと登ります。

この低い天井部分はちょうど当社でもデザインする2メートル10センチの天井高

国は違えど、心地の良い天井高は共通なんだな〜っと実感w

 

IMG_7311

 

キッチンの面材は突板です。(何の突板だろう・・センかな・・)

IMG_7312

 

建具の写真です。

この穴に指を入れて開閉するので取っ手はありませんでしたw

IMG_7313

敷居です。

こんなにもシンプルな敷居気になりますw

 

とても満足で満腹な2日目の北海道住宅の見学でした。

この見学から色々学び、取り入れたい事も沢山有ります。

建築の勉強は終わりはありません。経験して体感して、吸収してもっともっと良い家を追求する事が

我々の行く道です。

さーて、いい家造ろーっとw

 

長々お書きいたしましたがご閲覧頂き、有難うございました!

 

斉藤 洋一

2016
03
02

北海道の住宅

2月の厳冬期に北海道へ研修旅行へ行ってまいりました。

松本空港を12時に出発し14時前には新千歳空港へ到着!2時間かからないで北の大地に行かれちゃうんです。。

今回は北海道の住宅に触れる旅行です。長野の住まいでも取り入れられる事が沢山有るのでは無いかと。。

初日(夕方からですが……)日頃よりお世話になっていますPSの工場見学とゲストハウスの見学です。

IMG_7287

 

長野と違い、まだまだ真冬の北海道。

最高気温もマイナスの世界へ!

IMG_7285

 

最初に向かったのはパネルヒーターの会社PS社のゲストハウス(Kハウス)を見学

築後40年は経つ建物の室内環境は本当に心地の良い空間で、熱くもなく寒くもないとても快適な気候が待ってました。

また、40年経ち古い印象の建物ですが、味わいが増して味のある建物という印象。

使っている素材・家具・照明等本当に良い物を使っているおかげだと思います。

感動しっぱなしで、写真を撮り忘れてしましました。この洗面化粧室が特にGOODでした〜

 

続いてPSの工場へ

IMG_7288

 

亀もいるというこの緑地(工場と社屋を結ぶ廊下)

建物内でこういったオアシスがあるのは本当に癒やされます。

バナナの木もあり、実際にバナナが収穫出来、食べれるそうです。(それだけ暖かいということです)

PSの工場内は写真撮影が禁止でしたので、つたない文章でご紹介します。

整理整頓が行き届き、一切無駄のない工場と言った印象。

社内での工場の改善項目も社員から積極的に出されて日々進化しているとのこと。

良い製品は良い工場から。

工場の敷地は物凄く広大で40年前に植林された木々が生い茂る日本とは思えない環境でした。

私もこんな会社で働きたいな〜っとついつい思ってしまうほど環境が良かったです。

休日にはBBQをしたり、倒木を整理したり、会社の環境を社員全員で整えていると言った感じです。

我が社も考え方が非常に似ていると思いましたので、真似して行きたい部分が沢山ありました。

自然と共に暮らす我々は自然を知り、大切にしていかなければなりません。

その為に自然とのふれあいが大切だと感じます。

 

つづく・・・・・

 

 

斉藤洋一

気付けば2月も終盤!

 

暖かくなったり寒くなったり…

皆様体調崩されたりされていないでしょうか?

身近でもインフルエンザが流行っているなか、私は…元気です!

ウイルスよりも花粉が気になる花粉症スタッフの半田です。こんにちは。

 

花粉は嫌ですが春が近付いてきた証拠ですね。

 

 

新しい季節の始まりに稲里町にて新しい現場が本格的に動き出しました!

築61年の古民家リノベーション!

 

IMG_20160225_152051

 

 

こちらはガラス職人をされているご夫婦の新居兼ガラス作品の販売店舗に生まれ変わります。

ご主人もご主人のお母様もこの家で育ったということで、大事にされてきた建物。

店舗も兼ねたこちらの建物がこれから先、

またたくさんの人に長く愛されるようにと想いを込めて施工させていただきます!

 

 

 

IMG_20160225_152140

 

立派な梁、土壁の残った床の間…

これらがどのように生まれ変わるのか、お楽しみに(❤ฺ→艸←)

 

 

 

現在社員皆でOB施主様への訪問・ご挨拶活動を行っております。

建物お客様の状況確認などちょっとした御用聞きでもあります、その中でお客様からちょこちょこ聞かれる声は

「こんなちっちゃな事でもやってもらえるのかな?」

小さな修繕・補修・設備機器の修理などですが住宅に関する事でしたら大抵の事はお引き受け可能です

住宅には細かい修繕・補修は付き物であり、施工会社として完成後も責任を持ち対応させていただきます。

 

新築工事・リノベーション工事はもちろんですが

小さな事でも、お住まいで困った時はまずはご相談ください。

また、「建てていただいた会社が無くなりどこに相談していいか困っていた・・」なんて声も聞かれます。

色々と確認が必要にはなりますが、そんなケースでも対応可能ですのでまずはご相談くださいませ。

 

お客様のお困り事を解決致します。

 

おはようございます、2月も半ば日に日に暖かくなり春の訪れを感じます。

美しい雪景色が残る中、先日草津温泉に始めて旅行に行ってみました。

温泉、街並み、周辺レジャースポットも魅力的で日帰りでは満喫出来ないのでまた今度泊まりでゆっくり出掛けたいです。

さて、会社一部にキッズスペースを新たに設けるリフォームですが

引越し~解体工事へと進んできました・・。長年使った部屋がスッカラカンになると何だか寂しいような気もしますね。

卒業シーズン、別れは新たな出会いの始まりと言う事で完成を楽しみにしたいです。

 

新たな素敵な和風住宅の施工事例も近々更新出来そうなのでまた是非ご覧ください。

齋藤 公貴

 

160115_5688_PRE和風住宅玄関正面(夕景)


DSCF3705 
会社リフォーム現在の様子(完成後またご紹介いたします)