人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

新築の完全予約制OPENHOUSE開催いたします。

今回の新築は・・・・・

夫婦+お子様2人の4人家族

床面積

1F 64.59㎡(19.50坪)

2F 52.17㎡(15.75坪)

総床面積 116.76㎡(35.25坪)

 

 

動線計画と室内の視界にこだわり、ご実家から頂く野菜のストックなど

キッチンを中心に動線よく動け、家全体を見通せる間取りです。

また、特大のPSヒーターや鉄骨階段もこだわりです。

 

 

完全予約制のためメールまたはお電話でご予約ください。

Mail info@hucos.com メールにて返信致しますので必ずhucos.comからメールを受信できるように設定お願いします

電話 026-278-2976

ご予約者様の氏名・住所・連絡先・希望日時をお伝え下さい。


日程 2019.3.2〜3.9の8日間

時間 10:00〜19:00の間

場所 村山橋から車で5分(詳しい場所はご予約の際にお伝え致します)


写真は後日アップいたします。

↓(鉄骨階段のイメージです)

イメージ写真

 

ご来場お待ちしております。

2019
02
14

ご案内

2月13日〜16日まで社員旅行となります。

18日から通常通り営業致しますので、宜しくお願い致します。

今年の旅行は石垣島〜西表島〜竹富島など

学びと食と色々吸収してきます!w




 

 

斉藤洋一

2019
02
09

冬の乾燥対策

冬も終盤になってまいりましたが、今日からまた寒波が到来!
この時期になると乾燥についてよくお問いわせ頂きますので、わかりやすい記事がありましたのでそのまま引用させて頂きました。
ご参考にしてみてください。
冬の乾燥対策
日本の冬は特に乾燥しますよね。外の湿度は50%前後なのでそんなに乾燥しているように思えませんが、室内に入ると急に乾燥していると感じてしまいます。外の湿度は50%もあるのに室内の湿度は20%なんてことはよくあることなんです。
大事なのは空気に含まれている水分の量です
日常で湿度というと相対湿度のことを指します。例えば、気温が5℃くらいの冬の屋外では、湿度は50%くらいあるので乾燥しているようにはみえません。ところが、この空気1kg中に含まれる水分量は2.7gしかありませんので実際はとても乾燥しています。さらにこの空気を20度まで暖めると快適な温度になりますが、水分量は変わらないので、湿度は18%ということになってしまいます。これではお肌もノドも乾燥してしまいますね。
乾燥を防ぐためには加湿が必要です
冬の乾燥を防ぐには、加湿器や観葉植物が必要です。例えば20畳のリビングを湿度50%にしようとすれば、1時間に1リットル以上の加湿能力のある加湿器が必要になります。
また、観葉植物を置くことで室内の乾燥状況がわかりますので、加湿器と合わせて設置するといいでしょう。乾燥しているからといって植物に水をやりすぎると根腐れを起こしますので、ご注意ください。
加湿器で1時間に1リットルとなると、スチーム式の加湿器がベストですが、消費電力1000Wとなり、電気代が・・・・・・・
やはり、ここはアナログで観葉植物や洗濯物などでカバーするのが一番良さそうです。
我が家では薪ストーブの上に鍋を置き、加湿しておりますが室内気温20℃前後で湿度34%前後
40%を超える湿度を得るということは、かなり高いハードルですね。
斉藤洋一

お引渡しから約3ヶ月、「大屋根の家」にお住まいのお客様から暮らしてみての声を

いただきましたので是非ご参考にして下さい。

 

「住み心地・お気に入りの点」

パネルヒーター+高断熱・高気密住宅のおかげで、今までのアパート生活と比較すると

寒くて不便していた玄関・トイレ・脱衣場など家中が24時間とても暖かく快適になり

家族全員大満足しています。

 

「住宅造りをした経験からの声 *反省・アドバイス偏

コンセントの取り付け位置はよく見直しておいた方が良いかと思います。

①TV台の下にも、もう少し付けても良かったかな?

②玄関周りにもコンセントを付けた方が良かった。。

 

「HUCOSからの提案アドバイス」

①タップなどを使いすっきりさせた方が全体を考慮した時には良いかと思います。

②必要に応じ延長コードの使用をオススメします。

 

 

「補足説明」

コンセントを付けるには壁に穴を開けます。その際に気密処理はしますが、多少は性能が低下し、見た目もコンセントだらけになり印象も良くありません・・

そこでHUCOSではタップを上手に使う事をオススメしています。

特にTV廻りは将来想定外の電気機器が増える場所、そんな時でもとても便利ですっきりして管理も楽になります♪

 

また、玄関周りのコンセントは一般的に使用頻度も少なく、設置工事費も踏まえ考えると

延長コードなどでの対応が良いかと考えます。

 

 

 

2019
02
06

祝㊗️上棟

本日上松にて上棟です!

外観は素朴に日本らしくをモットーに設計しておりますが、山の景色に溶け込めばいいなと思います。

街並形成の一つのピースとなる外観は、派手で奇抜な外観は避けるべきと思います。

外観は個性を光らせるより、街並みに溶け込むデザインに心掛けます。

山奥や大草原に一軒だけというケースでも同じく、自然の景観に馴染む事は大切だと思います。

 

 

 

 

 

斉藤洋一