人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2014
09
02

家造りに役立つセミナーのご案内

省エネに関するセミナーのご案内です。

国を上げて省エネに関する性能アップの底上げに取り組んでいる我が国ですが、

こうした動きも諸外国と比べればずいぶん遅れています。

当社でも断熱や気密に関しては15年以上前から勉強し、試行錯誤しております。

性能を上げれば、その分イニシャルコストも上がりますが、ランニングコストは下がります。

では、どこに落とし所を設ければ良いのか。そこが難しいところです。

私どもの造って来た住宅は昔の日本家屋と比べれば、相当性能アップされていますし、

巷の住宅と比較しても性能は上のほうだと思います。

しかし、上には上が居ます。

もっと性能を上げるべきなのか、非常に悩ましいところです。

結局は、住まう方がどこまでの性能にしたいのか、そこをしっかりと汲取り、ご提案していく事が大切だと思います。

最低限のお勧め出来るレベルというのが、今、当社で行っている施工であり、もっと上を目指す方にはきちんと対応致します。

前置きが随分長くなりましたが、これからの住宅を建てるという方が、どこまで断熱や気密のことを考えるかによって、

今後の日本全体のエネルギー消費や、家に対する価値が大きく変わってくるということです。

そこで、今までは、断熱や気密に関心のなかった事かも知れませんが、冬、暖かく住める家・夏・涼しく住める家はどんなメリットがあるのか。

知っていても損は無いですよね?

知った上で、そこまで性能を上げなくても良いのだと思えば、それぞれの感性の違いですから、それ以上のことは何も言えません。

ただ、今後は省エネに関する住宅造りは義務化される予定ですので、少しでも興味を持ち、勉強されたほうが良いと言う事は断言します。

無料のセミナーですので、どうぞご参加ください。

ご参加ご希望の方は、当社宛にメールまたは、お電話頂ければとお思います。

 

semina