人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2016
04
17

今できること*

風が強く不安定な空。。

 

離れた地ですが九州地方の被災された方々の状況が心配です。

少しでも多くの人が助かりますように。

そう願うばかりです。

 

消防や自衛隊じゃないわたしが今、瓦礫の下にいる人を助けられるわけではありません。

医者や看護師じゃないわたしが今、怪我をした人を助けられるわけではありません。

そう思うと歯がゆいですが、自分にできることを考えなければいけません。

 

どこに住んでいても自然災害の心配をしなければならない日本において、

わたしの仕事は予防策になるという大事なこと。

建物のことはもちろん、環境や過去の教訓を活かして

自然災害に備える予防策を提案できる仕事をしているということ。

たくさんの倒壊した建物を見て、改めてそれを感じました。

 

家族を守るため、家族の思い出を守るため、

そんな思いで家を建てる人たちの気持ちに応えられる仕事をすることが

今、わたしにできること。

忘れずに向き合っていこうと思いました。

 

スタッフ ・ 半田