人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2018
10
29

レッドシダーのテラス屋根

秋晴れの空の色。紅葉した木々。心地よい日が続いてますね。

 

中秋の名月は過ぎてしまいましたが、先週の満月がとてもきれいだったので思わず写真を撮ってしまいました。少しずつ冬に近づいていますが、冬の澄んだ空に見る星も楽しみですよね。

 

さて、HUCOSでは新築住宅が続々と上棟を迎え、工事も進んでおりますが、メンテナンスやリフォーム、外構工事なども承っています。

 

先日ベランダに屋根をつけたいという依頼をいただきましたOBのお客様。

 

レッドシダーの板貼りがとても印象的な外観の住宅です。

 

約5年の時を経て、板もいい色に変わってきていました。

木の印象を損なわないように、そこにかける屋根が既製品のものではもったいない、同じレッドシダーで作りましょうと決まりました。

そして、できたのがこちら。うん、やっぱり木にしてよかった!

 

 

レッドシダーは経年における表情の変化を楽しむために外部で使う際にはあえて塗膜を塗らないことをおすすめしています。

お客様も洗濯物を干すだけではなく、癒しの場所として使いたいとおっしゃっていました。下のウッドデッキにも吊椅子をつける予定だそうです。似合うだろうなぁ...♡

 

そして工事中、お庭にある蔓や実を使ってリースの作り方を教えてもらい、作ってみましたー。

 

秋ならではの実がかわいい!

 

ドライになるにつれて色も黄味が輝いてきてます。

季節の楽しみ方を暮らしに自然にとりいれる素敵なご家族でした。

私も頑張ろう...と思うスタッフ小野でした!