人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2017
07
06

モデルハウスサッシ搬入しました

昨日モデルハウスのサッシが現場に搬入されました。

モデルハウスの特徴でもあります、ドイツのサッシメーカー「UNILUX ユニルクス」の樹脂窓(トリプルガラス)

開口部の強化で住宅の性能はググッっと上がります。

 

なぜ??

まずHUCOSの事務所内をサーモカメラで撮ってみます

 

はい、右側の真っ黄色というか、白になっているのが開口部です。(扇風機の基盤部分と同じ色w)

建物が古いとは言え、昔のアルミサッシ+樹脂窓(ペアガラス)の2重窓になっています。

開口部の熱貫流率は壁に比べて極端に悪い事がわかります。

 

グラスウール16Kの入った壁の熱貫流率はU値が0.5W/m2Kに対し

今、巷でよく目にするアルミ+樹脂の複合サッシ(ペアガラス)のU値は2.15W/m2Kくらい

 

オーマイガッ!

かなり悪い。。。。

 

数字で見ると4倍以上の熱を通す事がわかります。

では、今回採用したUNILUXの樹脂窓はどうでしょう。

メーカーのサイトを見ると。。。0.79W/m2K!

壁には劣りますが、かなりの高性能!!

 

これから家を考える方はアルミ+樹脂複合はやめて、せめて樹脂窓(ペアガラス)

出来れば樹脂窓(トリプルガラス)をお薦めします!

 

UNILUXの性能の秘密

 

 

硝子の性能が良いこと、兎に角チャンバーの数が多い!!!

しかも、フレームもスチールで補強されており、頑丈!

 

UNILUX(ユニルクス)に興味をお持ちの方はお問合せ下さい!

実物をご覧いただけます!

 

 

 

斉藤 洋一