人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2019
04
27

シロアリ対策

“ホウ酸”という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

ホウ酸はシロアリを防ぐために建物の木材に使われる材料です。

工事では防蟻処理と呼ばれます。

 

建築工事の際、

防蟻処理に何を使うか、どんな方法で行うかの確認はきちんとされているでしょうか。

日本では一般的に防蟻処理には農薬系の薬剤が使用されており、

建物の内部に隠れてしまう木材に薬剤をかける方法が1番多い処理方法になります。

この薬剤はシロアリだけでなく人体にも悪影響を及ぼすものが多いとされています。

それも最初だけ、ではありません。

薬剤には保証期間が決まっており、定期的に散布し直しが必要になります。

体に害のあるものを定期的に建物内に散布し続けるという方法を改善するため、

HUCOSでは昨年よりホウ酸による防蟻処理の導入をはじめました。

 

↑新築現場/基礎のホウ酸処理

 

↑新築現場/合板のホウ酸処理

 

↑新築工事/柱のホウ酸処理

 

ホウ酸は海水・淡水・岩石・植物・土壌などに存在する天然物です。

ホウ酸は哺乳動物には安全でそれ哺乳動物以外には厳しく作用するという特徴があり、

人体に悪影響がないということから

海外では多くの国でホウ酸処理がメジャーになっています。

更に効果が低下しないという特徴もあり、

シロアリから家を守るためには有効な手段になります。

デメリットは薬剤による防蟻処理より少しイニシャルコストが高くなることでしょうか。

 

新築工事の際、どうしても目に見えない部分は後回しにされがちですが、大事な部分です。

検討中の方は参考にしてみてください。

 

現場担当 長岡竜海