人と暮らしを考える[ヒューコス] HUCOS

2019
11
30

『最後の「。」まで聴くチカラ』

吐く息も白さを増して、いよいよ冬の訪れを感じています。

松代でも今日の朝、雪が少しだけ積もりました。冬に向かっていることを実感しました。

 

さて、先日、長野市PTAの講演会に参加してきました。

『最後の「。」まで聴くチカラ』をテーマに皿井啓之氏の講演を聴きました。

昨年から小学校のPTA役員をしているため、色々な講演会にも参加してきましが、今回の講演は子どもがいる親として参考になることがたくさんありました。

普段の生活を振り返って、子どもが話しかけてきた時に「ちょっとまって。」「あとでね。」「今、忙しいから。」などといって、せっかく話しかけてきているのに遮ってしまっていることがよくあるなと改めて実感しました。

そういう何気なくやってしまっていることが、塵も積もって親子の信頼関係も崩れていってしまうかも…と思った講演会でした。

 

よくよく考えると、子どもと過ごす時間というのは多いようで少ないと思います。今回の講演を聞いて改めて子どもと過ごせる時間を大切にしていきたなと思いました。

 

長岡 竜海

 

↑ 大きなランドセルを背負っていた子どもも来年には中学生になります。

あっという間の6年間でした。